ホーム >  学術情報・学会発表  >  学術・業界情報  > 業界動向:開発トレンドを追う 腎がん治療薬―エーザイ、小野薬品の新薬に脚光―

学術情報・学会発表

学術・業界情報

業界動向:開発トレンドを追う 腎がん治療薬―エーザイ、小野薬品の新薬に脚光―

2015/08/27 掲載

国際医薬品情報(2015.8.24号)掲載

 開発トレンドを追う

 腎がん治療薬 ―エーザイ、小野薬品の新薬に脚光―

  腎がんの薬物治療は、化学療法剤の有効性が低いために、インターロイキン(IL)2やインターフェロン(IFN)αの免疫賦活剤が主流となっていました。しかし、マルチキナーゼ阻害薬が登場して、1次治療が変わりました。最近、次世代のマルチキナーゼ阻害薬と呼ばれるエーザイのレンバチニブが米国でブレイクスルーセラピーに指定され、さらに、小野薬品の免疫抑制解除薬のニボルマブが好結果を示すなど国内企業の製品の話題も多い領域となりました。

→ 続きはこちらから

※本記事は『国際医薬品情報』(国際商業出版株式会社 発行)に掲載されています。国際商業出版株式会社様のご厚意によって、当社のホームページでも紹介させていただくものです。当該記事の無断転載は禁じられています。また無断複写・複製は著作権法上の特例を除き禁じられています。

お問い合わせ