ホーム >  解析サービス  >  HPVタイピング解析  > HPVってなあに?

解析サービス

HPVタイピング解析

HPVってなあに?

子宮頸がんとHPV

子宮頸がんってなに?

子宮頸がんとは、子宮入り口の「子宮頸(けい)部」と呼ばれる部分に発生するがんの事です。

子宮頸がんは他のがんと違い、「HPV」というウイルス感染によって引き起こされることがわかっています。すなわち、HPVに感染していなければ子宮頸がんにはなる可能性は極めて低いと考えられています。その為には、定期的な検診で早期に異常を発見することが重要です。

子宮頸がん検診の重要性について
詳しくはこちら

HPVってなに?

「子宮頸がん」の原因とされるウイルスのことです。

HPVとはヒトパピローマウイルス(HumanPapillomaVirus)の略で、前述のとおり「子宮頸がん」の原因とされるウイルスのことです。HPVは、主に性交渉によって感染し、性交渉経験がある約80%の女性が50歳までに一度は感染するといわれている、ごくありふれたウイルスです。

子宮頸がんの進行

HPVの初期感染から、子宮頸がんになるまで

子宮頸がんは、HPVに感染してから、数年かけて、ゆっくりと子宮頸がんへと進んでいきますが、必ずしも子宮頸がんに進展するわけではありません。HPVに感染してもほとんどの場合が、自己免疫力によって消失されます。しかし、消失されず感染が持続してしまえば、本当のがんに進行してしまいます。

①HPVの持続感染から前がん病変まで

子宮頸がんの場合、がん化する一歩手前の「前がん病変」という状態で発見すれば、治療が可能です。前がん病変にはレベルに応じて、「軽度~高度」に分けられます。軽度~中程度であれば、そのまま正常な細胞に戻る可能性もあります。しかし、高度まで進んだ場合は、子宮頸がんに進展する確率が高くなります。

②高度~浸潤がんまで

高度になっても、必ずしも子宮頸がんに進展するわけではありませんが、これ以上の進行を防ぐため、高度の段階で治療することがあります。治療法としては、病変のみを切除する手術(子宮頸部円錐切除術)を行なうことが一般的で妊娠出産も可能になります。ですが、流産や早産などの後遺症が残る場合があります。

③上皮内がん

もし、前がん病変で異常を発見できなかった場合、「上皮内がん」という段階へと進みます。上皮内がんとは、がん細胞が「上皮」という粘膜の表面にとどまっている状態で、がんの中でもっとも早期のステージ(0期)です。しかし、上皮内がんでも見つけられなかった場合、がん細胞は粘膜の奥深くに入り込んでいき、「浸潤がん」となります。最初に細胞が変化してから、ここまで至るまでには10数年かかることが一般的です。浸潤がんが、さらに進行してしますと、周りの組織に広がり、最終的には膀胱、直腸などに浸潤していきます。

④発見しにくい、転移しやすい「腺がん」

子宮頸がんの中でも、がんが進行しないと発見されにくいタイプが「腺がん」です。子宮頸がんの7~8割は「扁平上皮がん」といって、子宮頸部の中でも膣に近い方に、できるのですが、残り2~3割は子宮に近いほうにできる「腺がん」になります。やや奥まったところにできるため、検診でも、見逃されてしまう場合があります。こうして発見が遅れるせいで、腺がんのほとんどは、浸潤がんになってから見つかるといわれています。
さらに、腺がんの場合は円錐切除術をおこなったとしても、がんを取り残して転移する可能性が高いため、早期であっても安全のために子宮を全て摘出を勧められる場合があります。そめためにも、子宮頸がんの原因であるHPV検査を行っておけば見落としはほとんどなくなります。

子宮頸がん検査について
詳しくはこちら

子宮頸がんの症状とリスク

子宮頸がんの症状

子宮頸がんの初期は、ほとんど自覚症状がありません。
その為、症状を感じた時には、既にがんが進行している事も少なくありません。
また、子宮を全て摘出することで、最悪のケースはまぬがれたとしても、多額な治療費が掛かること、何よりも妊娠・出産ができなくなり、排尿困難などの後遺症に悩まされる場合があります。

子宮頸がんの罹患率と死亡数

子宮頸がんは一生のうちにおよそ76人に1人がかかるリスクがあります。日本では、年間約10,000人が子宮頸がんを発症し、毎年、約3,000人の女性が子宮頸がんで亡くなっています。

発症年齢のピークは30~34歳

子宮頸がんは、女性特有の罹患するがんの中では乳癌に次いで2番目に多いがんです。

子宮頸がんを発症する年齢のピークは、以前は40~50歳代で多くみられましたが、最近は20~30歳代の若い女性にも増えてきています。原因としては、性交渉の低年齢化が挙げられています。「出産年齢」のピークは、30代前半。そこに、子宮頸がんの「発症年齢」のピークが 重なってきているのです。データには上皮内がんも含みます。

子宮頸がんの検査

子宮頸がん検査について

一般的に行われる、子宮頸がん検査は、婦人科医療機関を受診し、医師が採取した細胞で検査をします。
少なくとも2年に1度、定期的に子宮頸がん検診を受けていれば、子宮頸がんに進行する前に発見することができます。
検査方法は2つの方法があり、異常細胞の有無を調べる細胞診検査とHPVに感染していないかを調べるHPV検査があります。両方の検査をすれば異常発見率は、ほぼ100%まで上昇します。

子宮頸がん検診の重要性
①子宮頸がんワクチンについて

現在、子宮頸がんを治療する薬は存在しませんが、HPVの感染を防ぐ、HPVワクチンが有効とされています。しかし、現在のワクチンは、副作用が問題となり厚労省では積極的に推奨されていません。
したがって、子宮頸がん予防のためには定期的な検診がとても重要になってきます。子宮頸がん検診は、前がん病変、あるいはごく初期のがんの段階で発見することができれば、子宮を摘出することなく治療することが可能です。現時点では、医療機関で医師が行う定期検診を受けることが最善の方法といえます。

②低迷する国内の子宮頸がん受診率

子宮頸がん検診の受診率は、欧米諸国の60~80%に対し、日本は先進国でありながら約30%台にとどまっています。
現在、各自治体より子宮頸がん検診が無料で受けられるクーポンが発行されているにもかかわらず、実際には6割以上の方が受診していないのです。

③子宮頸がん検診を受診しない理由

一般的におこなわれる子宮頸がん検診は、受診者が婦人科医療機関を受診し、医師が採取した細胞で検査をします。受診率低迷の多くの原因は、「時間がない」、「面倒」などの受診彩の都合によるものが大きく、他には子宮頸がん検診に対する知識不足によるものと推測されます。また、子宮頸がん検診を受けたくても数ヶ月先まで予約が取れないなど施設側の受け入れ制限も原因の一つと考えられています。

④HPV検査の必要性

前述にもあるように、子宮頸がん検診で行う検査方法は「細胞診検査」が一般的ですが、腺がんなど、細胞も採取しにくい場所だと、がんに進展する可能性も高くなります。
そうならないためにも、HPV検査が必要になってきます。HPV検査は遺伝子検査ですので、細胞診検査よりも異常検出率は高く、両方の検査を実施すればほとんど見落としがなくなります。
実際、諸外国では、HPVに関する有用性に関して十分に研究されており、子宮頸がん検診にHPV検査を含む検診方法を推奨する国が増えています。またオランダ、カナダ等では、初回検査は細胞診検査ではなく、HPV検査を実施していることも注目すべき点です。

危険なHPVウィルスは2種類

危険なのは、HPV16型とHPV18型。

HPVには100種類以上の型が存在し、子宮頸がんの原因とされる「ハイリスク型」と、尖圭コンジローマ(外陰部にできるイボ)などの原因とされる「ローリスク型」に分類されます。
そのハイリスク型HPVの中でも、HPV16型とHPV18型は、発がん性が強く、より早期に前がん病変に進展することが報告されています。また、子宮頸がんを発症した女性のうち、HPV16型および18型に感染していた女性は全年齢で約67%、20~30歳代でみると約80~90%の方に感染が認められたと報告されています。

自己採取法による子宮頸がんリスク検査

「自己採取法」とは、専用の器具を用いて、ご自分で子宮頸部の細胞を採取し、郵送で検査を行なうものです。

通常行われる子宮頸がん検診は婦人科専門医師が子宮頚部の細胞を採取し検査をします。
しかし、婦人科施設がない市町村などで、「自己採取法による子宮頸がん検査」を行うことがあります。「自己採取法」とは専用の器具を用いて、ご自分で子宮頸部の細胞を採取し、郵送で検査を行なうものです。検査方法は細胞診検査が実施するものでしたが、その精度については、検証されていません。しかし、近年、自己採取法によるHPV検査が登場しました。その精度については、自己採取HPV検査は、医師が採取した細胞と、自分で採取した細胞でHPV検査を実施したところ、同等の検査データがでており、欧米ではごく普通に使用されています。
国内でも、ネット通販、健診センター、一部の自治体で利用され需要は徐々に広まりつつあります。自己採取HPV検査は、本来行われる、がん検診ではありませんが、検診は、「恥ずかしい」、「面倒くさい」また、これまで一度も検診を受けたことがない方は、まずは自己採取HPV検査で自分の体の状態を確認してみるのも良いかもしれません。

自己採取HPV検査について相談できる施設

自己採取HPV検査を受けることが可能です。また自己採取HPVが陽性であった場合のご相談も可能です。

※表をスワイプしてご覧ください

施設名 住所 お問合せ電話番号
札幌西孝仁会クリニック
Webサイトを見る
〒063-0051
札幌市西区宮の沢1条1丁目1-30宮の沢ターミナルビル2F
011-590-0322
一般財団法人日本健康増進財団
Webサイトを見る
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿一丁目24番4号恵比寿ハートビル
03-5420-8011
医療法人新聖会 ういずクリニック
ういず総合健診センター
Webサイトを見る
〒331-0822
埼玉県さいたま市北区奈良町32-6
048-662-1155
医療法人京星会
JOH&PARTNERS UMEDA CLINIC
Webサイトを見る
〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1丁目4-20桜橋IMビル2F
06-6147-8136
メスプ細胞検査研究所
Webサイトを見る
〒604-0827
京都府京都市中京区高倉通 二条下ル瓦町550 メスプビル2F
075-231-2230

まずはHPVに感染しているどうかを、今すぐ知りたい方は、以下よりお申込みください。

セルフチェックでラクラク 子宮頸がん HPV検査サービス

お問い合わせ