ホーム >  解析サービス  >  タンパク質定量(Luminex)

解析サービス

タンパク質定量(Luminex/マルチプレックス サスペンションアレイ)

2015/5/7 更新

 luminex.jpg マルチプレックスサスペンションアレイ解析サービスは、血清、血漿、培養上清、細胞抽出液および組織抽出液から複数のターゲットタンパク質をフローサイトメトリーの技術を利用して同時に定量するサービスです。

 複数の項目を1つのウェルで同時測定しますので、少量のサンプルで実験が可能です。

 1サンプル中、ビーズ1色につき複数個(最低50個から100個程度)をカウントし、レポータ蛍光の蛍光強度の中央値を求めますので、より正確な定量実験が行えます。主な用途は以下のとおりです。

  • サイトカイン/ケモカインの網羅的解析(ヒト血清で最大39項目同時測定可能)
  • 疾患パネル別解析(代謝症候群、糖尿病、肥満、心疾患、内分泌など)
  • リン酸化タンパク質多項目同時測定

 

■特長

  • ヒト、マウス、ラットなどの生物種の測定が可能
  • サンプルは血清、血漿、培養上清、細胞抽出液、組織抽出液など
  • 数十種類のタンパク質を一度に測定可能
  • 1プレートで最大32サンプルを同時に測定
  • 測定する全てのタンパク質について検量線を作成するため、絶対定量が可能
  • 複数のタンパク質を1ウェルで測定するため、少量のサンプルで解析可能
  • ELISA法よりもダイナミックレンジが広く高感度(ターゲットタンパク質によります)

  ※技術情報はこちら

  ※文献はこちら

 

■測定可能生物種および項目一覧

測定項目一覧表

Merck Millipore社以外のLuminex対応試薬でも測定可能です。
詳細はお問い合わせください。

 

■必要なサンプル量

サンプルの種類

サンプル量

血清、血漿、培養上清
細胞抽出液、組織抽出液

1ウェルあたり40uL

  ※使用パネルや反復回数により、必要サンプル量は変動します。
  ※サンプルは採取、抽出後、即座に凍結してください
  ※凍結融解を繰り返したサンプルは避けてください
  ※血清、血漿は出来るだけ溶血していないものをご用意ください
  ※培養上清の場合は、使用したメディウムを1プレートあたり2mL程度同時にお送りください
  ※細胞抽出液、組織抽出液の場合は、使用した抽出試薬を2mL程度同時にお送りください

 

■お見積依頼・お問い合わせ先

株式会社ジェネティックラボ 営業部 【 sales▲gene-lab.com 】
〒060-0009 札幌市中央区北9条西15丁目28番地196 札幌ITフロントビル3F
TEL:011-644-7333 FAX:011-644-7611

※メールをお送りいただく場合は、「▲」部分を「@」に変えてお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

総合カタログダウンロード

これって何?バイオコラム

CTC情報サイト

病理診断 ―臨床医が知っておきたい最新の進歩、がん病理を中心に―

子宮頸がんの検査とは

解析サービス項目