ホーム >  メルマガバックナンバー  > 2014.06.10 ジェネティックラボ・究めーる [Vol.31]

メルマガバックナンバー

メルマガバックナンバー

2014.06.10 ジェネティックラボ・究めーる [Vol.31]

◆◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆  ジェネティックラボ・究めーる [Vol.31]   2014.6.10 発行

━━━━━━━━━━━━━━━ https://www.gene-lab.com?mm31 ◇◆◇━━

【今号のもくじ 】
●キャンペーン●
  ヒト血清/血漿を用いた 複数サイトカイン同時定量
  解析キャンペーンのご案内

●病理組織診・注目サービス●
  HPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
  子宮頸がんとその前がん病変の検査~液状化検体細胞診(LBC) 

●業界動向●
  新しい糖尿病治療薬SGLT-2阻害剤の競争が激化?~国内市場は2000億円超

♪■─────────────────────────────────
■■ ヒト血清/血漿を用いた 複数サイトカイン同時定量
    解析キャンペーンのご案内 ~8月29日(金)まで
………………………………………………………………………∴◯°*;。∵・○
【サービスの特徴】
●タンパク質マーカー探索におけるスクリーニングに
●わずか40uLのサンプル量で、38種類のサイトカインの定量が可能
●疾患マーカーの探索に最適

 同様の試験をELISAで行う場合、3mL以上のサンプル量と、200万円以上のコストがかかります。試験サンプルが少量の場合、低予算で解析したいという場合は、ぜひ、この解析サービスをご検討下さい。

【キャンペーン仕様】
受付期間: 2014年8月29日サンプル受領分まで
納期: 2014年9月末予定
納品物: 試験報告書とCD-ROM(解析データ:エクセルファイル)
対応サンプル: ヒトの血清または血漿
サンプル必要量: 40uL/ウェル
測定反復回数: シングルまたはデュプリケート

┏★1サンプルあたりの解析費用(税別)★━━━━━━━━━━
┃ シングル測定~40,000円、デュプリケート測定~70,000円
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【注意事項】
※本サービスは研究用途に限定しております
※サンプルのご調製はお客様にてお願いいたします

↓詳細な情報はこちら↓
https://www.gene-lab.com/gas/luminex/_luminex.html?mm31

【よくいただくご質問とその回答】
Q.測定項目は選択可能ですか?
  今すぐサンプルを用意したら、納期は早くなりますか?
  サンプル調製が締切に間に合わないのですが?
A.キャンペーンは測定試薬、項目、日程などの仕様が予め決まっています。
   個別の対応をご希望される場合は、別途お見積り申し上げます。

Q.血清・血漿以外のサンプルでも測定可能ですか?
A.本キャンペーンは、血清・血漿用に調製したサンプルにて検量線を作成します。
  血清・血漿以外のサンプルの場合、希釈bufferの違いによるバックグラウンドシグナルの差等によって測定値は参考値となりますが、スクリーニングやサンプル間の比較等の目的には使用可能です。

♪■─────────────────────────────────
■■ HPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
    子宮頸がんとその前がん病変の検査
    液状化検体細胞診(LBC)~2014年4月から保険適用となりました
………………………………………………………………………∴◯°*;。∵・○
【子宮頸がんの原因ウイルス】
 大部分の子宮頸がんは、ハイリスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)の子宮頚部への持続感染によって発生することがわかっています。HPVは、現在、100種類以上の型が知られ、がんを引き起こす危険性の違いによってハイリスク群とローリスク群に分けられ、ハイリスク群には、16型、18型など十数種類があります。

 ハイリスク型HPVに感染しても、ほとんどが一過性の感染で自然消失します。しかしながら、ハイリスク型HPVに持続感染した場合、平均で10年以上の長い期間を経て、子宮頸がんに進展する可能性があります。

【定期的な検診で、前がん病変の早期発見】
 定期的に子宮頸がんの検診を受けることによって、がんになる前の変化(前がん病変)を発見できることがあります。女性の妊娠や出産の可能性だけでなく、命さえも奪ってしまう子宮頸がんを、未然に防ぎたいものです。

 子宮頸がん検診を受診する方法や金額は様々です。自治体が実施している住民検診、勤務先で実施する健康診断で子宮頸がん検診を受診する場合は、自治体や勤務先が加入する健康保険組合から費用補助がある場合があり、比較的安価に受診できることが多いようです。一度お問い合わせいただくことをお勧め致します。その他、病院やクリニックの婦人科などでも子宮頸がん検診を受診することも可能ですが、一般的に費用は高いようです。

【液状化細胞診プラスHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)】
 子宮頸がん検診では、まず、子宮の入り口(頸部)の細胞を、小さなブラシのようなものなどで擦り取り、それを保存液につけます。保存液中の細胞から診断に必要な細胞を選択的に抽出しスライドガラスへ貼り付けます。細胞検査士が、細胞を顕微鏡で観察し、異常な細胞がないかどうかを調べます。

 それと同時に、保存液中にある細胞を、HPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)用の測定装置を使って解析し、16型、18型およびその他ハイリスク型12種の検出を行います。この2種類の検査を同時に行うことによって、子宮頸がん検診での異常発見率はほぼ100%となります。

 この他、HPVタイピング解析と呼ばれる、十数種類のハイリスクHPVの型判定を行う検査もあります。女性読者のみなさま、および、みなさまの周りの女性に、定期的な子宮頸がんの検診を受診いただくことを強くお勧めいたします(詳しくは、受診する医療機関でご確認ください)。

↓当社ホームページもご覧ください↓
 『シリーズ病理診断6 子宮頸がんとHPV感染』
  https://www.gene-lab.com/MedicalTribune_Series6_20130207.pdf?mm31
 『HPVってなぁに?』
  https://www.gene-lab.com/gas/hpv_1/about.html?mm31
 『平成26年度診療報酬改定について(厚生労働省)
  https://www.gene-lab.com/ce_publication/presentation/26_1.html?mm31
 『病理組織診 細胞診検査』
  https://www.gene-lab.com/gas/gpc/cytodiagnosis.html?mm31
 『HPVタイピング解析』
  https://www.gene-lab.com/gas/hpv_1/hpv.html?mm31
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【業界動向】
  新しい糖尿病治療薬SGLT-2阻害剤の競争が激化?~国内市場は2000億円超
………………………………………………………………………∴◯°*;。∵・○

 糖尿病の薬物治療に新たな選択肢をもたらすナトリウム依存性グルコース共輸送体(SGLT)-2阻害剤が続々と国内市場に登場し、“厳しい競争”が始まりました。

↓続きはこちらから↓
https://www.gene-lab.com/ce_publication/presentation/sglt-22000.html?mm31

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ゜:;。+゜+。::゜。:.゜。+。。+.。゜:;。+.。゜:;。+゜+。:。゜:;。。+.゜
 
 最近、個人向け(Direct to Consumer:DTC)の遺伝子検査サービスが注目を集めていますね。

 自分の体質(例えば、肥満、高血圧、アルコール代謝、ニコチン依存、毛髪等)を知り、生活習慣や食事に配慮することによって、病気の予防に役立てる。そのうえ、データを集積することによって、新薬や新たな治療法の開発に役立つのではないか、ということで、とにかく熱い視線が注がれているようです。

 病院や個人経営のクリニック、歯科医院などで受けられるものもありますが、異業種企業の新規参入が続いている方法は、次のようなものです。ネットを介して、利用者が自ら採取した唾液や口腔粘膜の送付を受け、そのDNAを抽出し、マイクロアレイチップなどでDNAを解析。体質や特定の疾患易罹患性の評価結果を利用者に返却する。

 画期的なサービスではありますが、同一疾患リスクの評価が2社で異なる結果となるケースや、科学的根拠が不明瞭などの問題点も指摘されており、現在のところDTC遺伝子検査サービスは発展途上の段階であると、日経バイオテクは述べています(詳細は『日経バイオテク5月26日号「特集」、市場広がる個人向け遺伝子検査』参照)。

 課題は山積みですが、占いみたいに”それが不確かなモノであるかもしれないけれど、やっぱり知りたい”気持ちに火をつけられる女子は多いのではないかと、個人的には思います。それが、お小遣いの範囲内で出来るのであれば。。。

(↓こちらの業界団体サイトも、ぜひ一度ご覧ください↓)
 NPO 特定非営利活動法人 個人遺伝情報取扱協議会 CPIGI
 CPIGI 遺伝子のひろば http://www.cpigi.or.jp/dna-park/index.html

本日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。次号もどうぞお楽しみに。

 ゜:;。+゜+。::゜。:.゜。+。。+.。゜:;。+.。゜:;。+゜+。:。゜:;。。+.゜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メールマガジンのバックナンバーはこちらから】
 https://www.gene-lab.com/backnumber/?mm31

【お問合せ先】
●株式会社ジェネティックラボ 営業部
TEL   :011-644-7333
E-MAIL :sales@gene-lab.com
HP   :https://www.gene-lab.com?mm31
facebook:https://www.facebook.com/GeneticLab.JPN?mm31

●株式会社トランスジェニック
TEL   :078-306-0295
FAX   :078-306-0296
HP   :http://www.transgenic.co.jp/?mm31

【メールマガジン配信停止・配信先変更について】
 このメールマガジンは、当社のホームページから配信のご登録をいただいたお客様、および展示会でアンケートにご回答いただいたお客様に配信いたしております。今後、当社グループからのE-MAILによるお知らせが不要の方や配信先の変更等をご希望される場合は、お手数ですが下記宛てにメールをご送付くださいますようお願い申し上げます。尚、配信停止手続きおよび配信先変更手続き完了前に、メール配信される場合がございます。ご了承の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

株式会社ジェネティックラボ 営業部
【 E-MAIL:sales@gene-lab.com

Copyright 2014 GeneticLab Co., Ltd. All Rights Reserved.  

お問い合わせ