ホーム >  解析サービス  >  Applied Biosystems‎ (旧・Affymetrix) GeneChip解析 ⁄ マイクロアレイ解析

解析サービス

Applied Biosystems‎ (旧・Affymetrix) GeneChip解析 ⁄ マイクロアレイ解析

マイクロアレイを使用した論文の中でも突出した論文数を誇る「Applied Biosystems‎ (旧・Affymetrix) GeneChip」の受託解析サービスを実施しています。
ジェネティックラボはメーカー公認のサービスプロバイダーです。

網羅的遺伝子発現解析

miRNA Array解析

Genome-Wide Human SNP Array 6.0解析

CytoScan HD Array解析

各種有償オプションサービス

 


 

【GeneChipマイクロアレイの特長】

Affymetrix<sup>®</sup> GeneChip<sup>®</sup>  なぜApplied Biosystemsのアレイが選ばれるのでしょうか。

 DNAアレイには国内外のメーカーから様々なプラットフォームが製造販売されています。しかし、現在市場に出回っている製品はほぼ、数社の主要なメーカーのプラットフォームに収束しています(※1)。中でもApplied BiosystemsのGeneChipは、その最上位のDNAアレイです。
 世界最大の遺伝子発現データベースであるThe Gene Expression Omnibus (GEO) (※2)にはマイクロアレイを含めた遺伝子発現の膨大なデータが登録されています。
 GEOのデータベースに登録されているデータセット数は、illumina(57,397件)、Applied Biosystems(56,954件)、Agilent(30,007件)、Nimblegen(7,573件)の順となっており(※3)、Applied Biosystemsは2トップのうちの1つとなっています。

 過去のデータとの比較の点から、データベースで優占的なプラットフォームを選択することは、研究者やその所属機関にとっては自然なことです。同じ理由で、すでにGeneChipを使用しているユーザーも他社に乗り換えることは少ないと思われます。

 近年の次世代シーケンサーの普及によりアレイ解析が必要なくなるという意見も聞かれますが、解析にかかるコストやデータの質や量の違いなどから二つの解析手法が同じ領域で競合するものではないと言えます。
 今後のアレイ解析はPCRやシーケンスと同等の低コストの研究インフラの一つになる方向へ向かっていると考えられます。

※1 当社もかつてがんと免疫領域におけるフォーカストアレイを作製し、メーカー様へのOEM供給およびそれらのアレイを用いた受託解析について提携事業を行っていました。

※2 GEOサイト http://www.ncbi.nlm.nih.gov/geo/

※3 2016年7月現在の登録数

【特長】
Shining a laser light at GeneChip(R) array causes tagged DNA fragments that hybridized to glow.
1.マイクロアレイを使用した論文の中でも突出した論文数
Applied BiosystemsのGeneChipは、マイクロアレイのグローバルスタンダードです。
2.半導体製造技術を応用した製造方法を採用
他の同種製品では実現困難な、「1アレイに650万以上ものプローブを搭載」することが可能です。
3.均質なアレイの製造を実現
均質なアレイを実現し、高い再現性をもった解析が可能です。
4.高度に自動化されたシステムを採用
実験者間でのバラつきが少なく、高い再現性を確保できます。
5.1遺伝子を複数のプローブで検出
バイアスを低減し、高い信頼性が得られます。
6.1枚のアレイに1サンプルをハイブリダイズさせるシングルカラー方式を採用
実験後に様々な組み合わせによるデータ解析が可能で、研究者間におけるデータ比較、公開、共有を制限無く行うことも可能です。

GeneChip解析 網羅的遺伝子発現解析アレイ

Human Transcriptome Array (HTA) 2.0解析

miRNA Array

Genome-Wide Human SNP Array 6.0

CytoScan® HD Array受託サービス

Applied Biosystems‎ (旧・Affymetrix) GeneChip 受託解析サービス キャンペーン

【重要】GeneChip®3' IVT Array解析における使用試薬変更のお知らせ

1
お問い合わせ

総合カタログダウンロード

これって何?バイオコラム

CTC情報サイト

病理診断 ―臨床医が知っておきたい最新の進歩、がん病理を中心に―

子宮頸がんの検査とは

HPVってなぁに?

ストップ!子宮頸がんの会

解析サービス項目