ホーム >  受託解析サービス  >  リアルタイムPCR解析  > TaqMan® Array MicroRNA Card
  • ハイスループットリアルタイムPCR解析サービス
  • <研究用>HPVタイピング解析サービス

受託解析サービス

リアルタイムPCR解析

TaqMan® Array MicroRNA Card

2014/11/4 更新

■特徴

 TaqMan® Array MicroRNA Cardでは、microRNAのプライマー・プローブセットを充填した384ウェルプレートを用いてリアルタイムPCRによる定量を行います。mRNAの数は数万の単位ですので、マイクロアレイのキャパシティーが必要でした。しかし、マイクロRNAの数は、日々更新されていますが、多くても数千のオーダーと考えられています。つまり、現在のところ384遺伝子を搭載できるTaqMan® Array MicroRNA Cardを2枚使用すれば、全てのマイクロRNAをカバーすることが可能です。

マイクロアレイとの違い
 マイクロアレイの定量性は改善しているとはいえ、その原理ゆえ信頼性のある定量性を求めることは困難です。
 
 通常マイクロアレイでmicroRNA解析を行った後、絞り込まれたmicroRNA群をリアルタイムPCRで再度検証を行い、バリデーションを行う必要があります。しかし、TaqMan® Array MicroRNA CardはリアルタイムPCRによる解析であるため、スクリーニング目的の試験研究であっても高い定量性による比較検証が可能である上、その後のバリデーションをパスする候補microRNAが多いことが期待でき、コストパフォーマンスが高いと言えます。
 弊社ではお客様に最適なmiRNA解析ソリューションや、アプリケーションの提案をしておりますので、お気軽にご相談ください。

■取り扱いChip

TaqMan® Human microRNA v3.0
Aパネル・・・377種
Bパネル・・・377種
TaqMan® Rodent microRNA v3.0
Aパネル・・・375種
Bパネル・・・375種

■必要なサンプル量

  • small RNA を含む total RNA量: 350ng 以上(1パネルあたり)
  • 濃度(ng/μL): 120ng/μL 以上
  • 純度(A260/A280): 1.9~2.1

※small RNAを含むtotal RNA量が350ng未満の場合はプレアンプ (PreAmplification)を行います(有償オプションサービス)

 

■申込書/注意事項のダウンロード

申込書等ダウンロードサービスページをご利用ください。

 

■お見積依頼・お問い合わせ先

株式会社ジェネティックラボ 営業部 【 sales▲gene-lab.com 】
〒060-0009 札幌市中央区北9条西15丁目28番地196 札幌ITフロントビル3F
TEL:011-644-7333 FAX:011-644-7611

※メールをお送りいただく場合は、「▲」部分を「@」に変えてお問い合わせ下さい。

お問い合わせ