ホーム >  技術情報  >  免疫組織化学画像(抗体リスト)  > 腫瘍マーカー

技術情報

免疫組織化学画像(抗体リスト)

腫瘍マーカー

抗体名 臨床的意義 CLONE名 画像
AFP 正常胎児肝、ヨーク・サック腫瘍、肝細胞癌の診断に重要なマーカーです。種々の悪性腫瘍(胃がん・結腸がんなど)でもAFPの発現を見ることがある。 ZSA06 AFP
CA125 大腸がん、 乳がん、子宮乳頭漿液腺がん、 子宮類腺腫、 卵巣類内膜がん、 卵巣漿液腺がん、 甲状腺乳頭腫などの多くの腫瘍において陽性例が認められています。 OV185 CA125
CA19-9 胃・腸および膵臓の腺がんを含む消化管腫瘍は、強く反応します。また子宮内膜腺がんや甲状腺乳頭がん、胆嚢がんにおいても陽性所見が認められます。 121SLE CA19-9
CEA CEA は大腸がんをはじめとする消化器がんで認められますが、肺がん、乳がん、肝がん、膵がんをはじめとして、ほとんどの臓器のがん組織で検出されます。 COL-1 CEA
CD117(c-kit) GISTの他、マスト細胞腫、悪性黒色腫、セミノーマ、血管肉腫、小細胞肺がんなど種々の腫瘍において c-Kit が陽性になります。 Poly CD117(c-kit)
HER2 HER2 タンパクはさまざまなヒトの腫瘍において過剰発現しており、特に乳がんにおいては診断・予後あるいは治療の重要な因子のひとつです。 Poly HER2
お問い合わせ