ホーム >  技術情報  >  病理標本デジタルイメージング解析  > 自動画像解析装置による胃がん HER2-IHC/FISH解析

技術情報

病理標本デジタルイメージング解析

自動画像解析装置による胃がん HER2-IHC/FISH解析

 

HER2陽性胃がんに対し、トラスツズマブの生存改善効果がToGA試験で明らかになりました。20113月、HER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃がん」対するトラスツズマブの適応拡大が承認され、胃がんの領域においてもHER2陽性胃がんという新たなカテゴリーが誕生し、進行・再発胃がんの治療はHER2陽性と陰性それぞれの治療戦略を立てることが求められています。当社のHER2-IHCおよびHER2-FISHサービスはすでに乳がんで10年の実績があります。

胃がんにおいても自動画像解析装置Ariol SL-50にてHER2 FISHシグナル解析とHER2 IHC解析を実施しており、客観性と再現性に優れたデータを提供しております。

 

【HER2-IHCの解析報告書例】
図1・解析画面 図2・解析イメージ 図3・解析結果 図4・画像解析報告書
【図1】解析画面 【図2】解析イメージ 【図3】解析結果 【図4】画像解析報告書
拡大表示 拡大表示 拡大表示 拡大表示
 
 
【HER2-DNA FISHの解析報告書例】
図1・解析画面 図2・解析結果 【図3】HER2/neuFISH報告書
【図1】解析画面 【図2】解析結果 【図3】HER2/neuFISH報告書
拡大表示 拡大表示 拡大表示
お問い合わせ